« February 13, 2005 - February 19, 2005 | Main | February 27, 2005 - March 5, 2005 »

February 26, 2005

よりすぎ

ちかい動いているときには、うまくフレームにおさまってくれません。

February 25, 2005

『エンダーのゲーム』

no image洋モノSFです。オーソン・スコット・カード著、野口幸夫訳『エンダーのゲーム』。恐ろしいことに、ティーンエイジ未満の子供の話。ただし子供らしくはありません。

才能を見込まれた主人公が、異星人相手の戦争における司令官として鍛えられていく、というスジ。その訓練がタイトルにある「ゲーム」です(読み終えて考えると、もう少し奥深いかも知れませんが)。

人間相手の模擬戦闘を柔軟な発想と的確な指揮で勝ち抜くさまは、胸躍らされます。とんちバトル全盛とも見える少年マンガと比較しても遜色ありません。極端な話、マンガ化しても面白いはずですが、如何せん主人公たちがこう低年齢だと……問題も多いでしょうね。

Continue reading "『エンダーのゲーム』" »

February 24, 2005

『日暮らし』

『日暮らし』上『日暮らし』下これまた深夜に読了。宮部みゆき著『日暮らし

最初の一編からしてニンマリさせられます。事件解決、悩み晴れ、元気になった子供が名前を呼ばれて駆けていく。その風で机から落ちた紙を、主人公が手にとる。手習いとして子供の書いていた言葉は……「ひぐらし」。映画のオープニングみたいじゃないですか。

Continue reading "『日暮らし』" »

February 23, 2005

『いま、会いにゆきます』

『いま、会いにゆきます』深夜に読了。市川拓司著『いま、会いにゆきます』。

むむ、むむむ。90分で読み切ってしまった。ハードカバーだったのに。例えるなら「しそドレッシングのかかったレタスサラダ」か。さっぱりすっきりで食べやすいけれども……食べ応えがね。満腹には遠いのでした。

Continue reading "『いま、会いにゆきます』" »

February 22, 2005

『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』

『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』実はひとりごとの続きのようなもの。

「本の紹介」本の中でもお気に入りは吉野朔実『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』のシリーズ。シリーズはこのあと、『お父さんは時代小説(チャンバラ)が大好き』『弟の家には本棚がない―吉野朔実劇場』『犬は本よりも電信柱が好き―吉野朔実劇場』と続いている様子。様子、というのは『チャンバラ』までしか手元にないから。だって……ハードカバーでしょ←根性ナシめ。

Continue reading "『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』" »

February 21, 2005

マンデーなのにフライデー

まぶしいあんまり気持ちよさそうに寝ていたので、腹立ちまぎれに写真を撮ってやりました。

顔を隠しているのは「おいおい、事務所を通してくれよ」ではなく、単に眩しかったからのようです。

February 20, 2005

ふと

気づくと、このサイトって本の紹介はしてないな、と。

あらすじは書かないし、内容にも触れていない。アフィリエイトに参加しているくせに本を買う気にさせない、ってどういうこと? という方もおりましょう。

サイトを始めるとき、いわゆる「本の紹介ページ」を読む人で、ホントに面白い本を買う気で迷い込む人がどの程度いるのか、と考え、実はあんましいないんじゃないかなあ、と予想したのです。

Continue reading "ふと" »

« February 13, 2005 - February 19, 2005 | Main | February 27, 2005 - March 5, 2005 »