« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »

February 19, 2005

『ぼんくら』

『ぼんくら』上『ぼんくら』下文庫版を買ってしまいました。宮部みゆき著『ぼんくら

日暮らしを読もうとしたら、続編だということを聞きました。予習をしなくては、とハードカバー版を探したのですが、家中の本棚のどこにも見つからず。結局、発売のタイミングを合わせたとしか考えられない文庫版をむざむざと買うハメに。くやしいなあ、どこへ行ったんだろう?

Continue reading "『ぼんくら』" »

February 18, 2005

『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』

『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』パワーアップしたかったので『ホンモノの文章力―自分を売り込む技術』と併せて購入。樋口裕一著『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』。

この手の本は作者のやり方を押し付けられる気がして遠ざけていました。だいたい「ホンモノ」というのはなかなか偉そうです。でも序の文を読んでみると、この本で「ホンモノ」を知れ、と言うわけではなかったようです。

『ホンモノの思考力』と『ホンモノの文章力』、共になかなかハッタリを効かせたタイトルですが、中身は思考や文章の「型」を示し、これをやれば「ホンモノ」に至れるかも、という放任主義。手取り足取りじゃなきゃ、という人ならとにかく、下手な我流の身についた人にはむしろ丁度良い温度かも。……勉強させて頂きました。

Continue reading "『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』" »

February 17, 2005

『のだめカンタービレ』

『のだめカンタービレ(1)』あちこちで話題になっているようなので、買って読んでしまいました。二ノ宮知子作『のだめカンタービレ1-11巻(以下続刊)。『Kiss』誌上にて連載中。

クラシック音楽マンガですが、堅いイメージを打ち破る個性的なキャラクターとけっこうな笑いの多さ。読んでいて声が漏れてしまうことが再三ありました。恥ずかしい。笑いだけでなく、ぐっ、ぐっと確実に人物が成長し、舞台が広がっていく筋にもかなり読み応えがあります。

Continue reading "『のだめカンタービレ』" »

February 16, 2005

ここんとこ

部屋の窓から小説やマンガや音楽や映画にひたりながら、

それはなぜ(自分にとって)面白いのだろうかと考える、

自分の内に沈む時間が気に入りだしちゃいました。

February 15, 2005

『ホーリーランド』

『ホーリーランド 8』連載中のマンガでどうかと思ったのですが。森恒二作『ホーリーランド』1-8巻(以下続刊)。ヤングアニマルにて連載中。テレビドラマ化されると聞いて、ちょっと驚き。どこでオトすつもりなのかな?

戦いながら強くなるという筋は、食い飽きたというのが実際。どんどん敵を強くしすぎて破綻してしまうのが常。『ホーリーランド』も同じ筋を追っているようですが、同系列のこなれたというか開き直った作品と比べると、どこかクラシックな匂いを感じます。

Continue reading "『ホーリーランド』" »

February 14, 2005

『いたいけな瞳』

no image大人買いして昨日、読了。吉野朔実作『いたいけな瞳』全五巻。

淡く澄んだイメージに満ちた短編集。かと言って甘さだけでなく、苦味や毒気もきちんと効いています。

あらゆる色を混ぜながらひとつの調和を目指しているようにも、見慣れた箱庭の中で新たな発見を探しているようにも読めました。

Continue reading "『いたいけな瞳』" »

February 13, 2005

『誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡』

『誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡』一年ほど前の読了ですが。木村元彦著『誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡』。

ストイコビッチの生い立ちから、その才能を認められるヨーロッパでの活躍、日本での異文化体験、ベンゲルが来て始まるストイコビッチと名古屋グランパスの栄光の時代、そして再びユーゴスラビア代表としての戦い、という流れ。その背景にはユーゴスラビアの分裂と内戦があります。

リアルタイムで彼を見てこなかったことを後悔する。と同時に、政治とスポーツが不可分であるという酷な現実。あるいは…、そんな現実のもたらした痛みが、妖精を血肉の具わった英雄へ変えたのかもしれない。そんなことも思いました。

Continue reading "『誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡』" »

« February 6, 2005 - February 12, 2005 | Main | February 20, 2005 - February 26, 2005 »