« March 13, 2005 - March 19, 2005 | Main | March 27, 2005 - April 2, 2005 »

March 26, 2005

「Heavenly」

『GOING UNDER GROUND [LIMITED EDITION]』いかにも垢抜けないインディーズ一枚目アルバム(リマスタリングされたボーナストラック付きの[LIMITED EDITION]ですが)の中で、これだけ別格の輝き。「Heavenly」。バンド名をそのまま冠した『GOING UNDER GROUND [LIMITED EDITION]』に収録です。

半分以上歌詞なし、インストゥルメンタルに近い楽曲と言えるかも。静かなイントロから、ミルフィーユのように(失礼! 空腹なもので……)丁寧に重ねられていくサウンド。疾走感を増し、やがて始まる短くも力強い歌詞。繰り返される最後のフレーズが途切れて細く小さく絞られた音は、それでも再び広がる気配を見せて、ふっと消える。

Continue reading "「Heavenly」" »

March 25, 2005

『月の骨』

no image子供向けファンタジーをぬるいと感じるなら。ジョナサン・キャロル著、浅羽莢子訳、『月の骨』。

心地よい布団の中に何か異物感があり、その冷たさが眠りに落ちるのを妨げる、といったところでしょうか。(フィクションらしく)あり得ないほど魅力的な現実と非現実を描きながら、時にその危うさも描く。幸せなほど、その幸せを奪われてしまう恐怖と不条理から逃れることはできない。物語が行き来する温度差そのものに、妙なリアリティを感じる作品です。

Continue reading "『月の骨』" »

March 24, 2005

『マンハッタンラブストーリー』

『マンハッタンラブストーリー』久しぶりに読んだら大笑い。宮藤官九郎著、『マンハッタンラブストーリー』。

宮藤官九郎と言えば、言わずと知れた売れっ子脚本家。『マンハッタンラブストーリー』もドラマの脚本です。映像を見返すより効率的なので、ドラマを気に入ったらできるだけ脚本を手に入れるようにしています。大好きでした、『マンハッタン……』。『白い巨塔』の裏に入っていて、リアルタイムで見たのはかなり少数派だったはず。友人に活路を見出せず、家族内でフィーバーしていた思い出があります。

Continue reading "『マンハッタンラブストーリー』" »

March 23, 2005

自分向けtips

ココログ(ブログ)を始めて一月半。気が付いたこと(というか失敗?)を三点。

  1. まずカテゴリはできるだけ細分化した方が良さそうです。このサイトのカテゴリ"読去本"なんかものすごく重いページになっています。十とか二十とかの記事ごとに別ページになるかな?とも思っていたのですが、どうやら自分で工夫するしかなさそう。"読去本01"のように手動でナンバリングしていくのも手かも知れません。ナンともアナログ。
  2. このサイトを作った最初の頃に、Googleの検索ボックスをサイドバーにくっつけて(サイト内検索機能もつけて)、検索ページで引っかかるようになるのを待っていたのですが、そんな日は一生来ません。ソースコードの頭に<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />がありますから。"読去房"なんていうかなりレアなキーワードでも、リンク元のよそ様のページにしかゆけません。ここはココログプロにしないといじれないかも知れませんね。あ、ちなみに<>を表示するにはlt(エルティーですよ)とgtのそれぞれを&のあとに続けてください(& lt、& gtをスペース抜きです)。
  3. 同じ頃にアクセスカウンターもつけていたのですが、最も単純なタイプのアクセスカウンターをタイトルバーやサイドバーに置くと、別の記事を見るたび増え続けることに。それが嫌なら、一定時間内の更新や再訪問を無効にする機能付きのカウンターにしないといけません。もっとも、じゃんじゃん増えるのが気持ち良い、という考え方も。いつまでも回らないカウンターを見ていると、数字を一万とか一億とか十億くらい上乗せしようか、なんて邪念に駆られます(どっかの閣下の年齢みたく?)。初回訪問者のみとか一人一日一カウントとか、何をもって正確なアクセス数とするかも諸説ある様ですし、そんなに目くじら立てるところでもないような、あるような。

と以上。こっち方面は続けるほどネタがないので、カテゴリにはいたしません。あくまで自分向けですので悪しからず。にしても、やたらと造語を連発するのは止めた方が、とか、「とは言え」のような文章の癖が鬱陶しい、とか、他にもツッコミどころが。あ、痛い(泣)。

March 22, 2005

『VS. 4月号』

『VS. 4月号』イラン戦を前に盛り上がってます。『VS. (バーサス) 4月号』。

本格的なW杯予選の話は来月からですけど。もっとも個人的には試合云々より、サッカー周辺の話の方が面白い。連載の"アジア熱中戦記~素顔のライバル国を行く"、特にイランの記事が良かったです。温もりを感じました。あと"僕らの街からサッカーを変える"中の新潟の記事。サッカーだけでないとは。オレンジ色のローソン、って(笑)。

Continue reading "『VS. 4月号』" »

March 21, 2005

『Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド』

『Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド』ブログの裏側を見たり。エ・ビスコム・テック・ラボ著。『Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド―コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術』。

ははあ、なるほど。こういう事だったのか。壊れた古いオーディオを分解したり、パソコンのケースを始めて開けたりしたときの味わい。タグの解説なんかは、シックス・アパートのページにてMovable Typeのマニュアルで確認できますが、その活用となると。バラバラの部品の意味が、組み上げられて初めて分かる気分です。

Continue reading "『Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド』" »

March 20, 2005

よく晴れた日

よく晴れた日良い天気だったので、窓を開けて部屋を掃除。少し寒かったけど。

普段は掃除機を使うところ、趣向を変えて箒で掃く。何となくそんな気分だったのです。掃除機だと中へ吸い込まれて見えないけど、箒だと埃やゴミの集められていく様子が楽しい。部屋の中が綺麗になった気がします。ま、そんな風に気分で掃除しているからダメだしされるのですが。

窓さえ閉めてしまえば日差しは春。窓越しの暖かい光が良いアイデアを運んでくれそうです。

« March 13, 2005 - March 19, 2005 | Main | March 27, 2005 - April 2, 2005 »