« ぼやけて見える、春の空 | Main | ササユリ »

April 28, 2005

『どら平太』

『どら平太』冒頭の脚本の面子で観ちゃいました。市川崑監督、役所広司、浅野ゆう子出演、『どら平太』。市川崑、黒澤明、木下恵介、小林正樹。これだけで観たくなってしまいます。並んだビッグネームは伊達ではないっ。詳しい情報はこちらこちらで。

とにかく痛快な娯楽作。腕も立つし頭も切れる主人公が、犯罪地域と藩の重鎮たちとの癒着にどう立ち向かうか、その手際の良さが見もの。その主人公こと「どら平太」を演じる役所広司がはまり役。のらりくらりとしたお調子者っぽさ、藩の重役たちを一喝する迫力、組織の親分たちの懐に容易く入り込むはったり、けれども女には弱い。硬軟双方がサマになっていて、この主人公が作品の魅力のひとつとなっているのは間違いありません。

ひさびさに型破りで面白い時代劇を観ました。最近の時代劇はお行儀が良すぎていけない、と思うのですが仕方のないことかも。だって崩すにはまず定型が必要。現在の人のどれだけが、定型を把握するほど時代劇を見ているでしょう? と大層なことを言えるほど自分も観ていないのですけど。

リアルタイムだったわけじゃないので、別に懐かしいから観るのではないのです。BS2で昼にやっている懐かし邦画劇場。どうにもこうにも「ハズレ」な古めかしい映画もありますが、割り合い良く「アタリ」、今でも(今だからこそ?)新鮮に面白い映画も発見できます。

現在ならマニアックなネタやCGを駆使して目先を変えながら作るところ、時代劇という動かしようのないツールしか使わず、どこまで良い映画を作れるか。爛熟期の監督や脚本家の試行錯誤が見えるよう。誰が主人公が判らないほどオールスター大集合にしてみたり、背景に不釣合いな現代風の社会ネタを詰め込んでみたり、ミエミエの趣向で観ている方がつらいほど白けてしまったり。

ストーリーの中に浮かび上がるモチーフの多彩さ。冗長でない意味のある場面をつなぐプロットの密度。ヒネリやユーモアの効いた会話。作り手の挑戦的な意図を感じさせる難易度の高い状況。広がりや劇的変化を見せる展開、効果的な定型の崩し、などなど。好みはいろいろあると思いますが、「アタリ」の映画には共通項が見出せます。時代劇、現代劇、アクション、SF、ファンタジーなどのジャンルに関わらず。すべてでなくとも、幾つかの要素を兼ね備えていることがある程度、普遍性ある面白さかなと個人的に思います。……この『どら平太』、そんな「アタリ」の匂いを確かに感じる映画でした。


« ぼやけて見える、春の空 | Main | ササユリ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81159/3899760

Listed below are links to weblogs that reference 『どら平太』:

« ぼやけて見える、春の空 | Main | ササユリ »