« 『ロッカーズ』 | Main | 『秘密』 »

February 09, 2005

『老子・荘子』

『老子・荘子―中国の古典角川ソフィア文庫―』一週間くらい前の読了です。野村茂夫著『老子・荘子』。

たまにはこーゆー本も読みます。本当は孫子関連の本を探していたのですが、ビジネス書や戦略ものばかりでシンプルではなかったので、この本に落ち着きました。探し物が変わっちゃったじゃん、とお思いでしょう。いつもこんなもんです。

訓点つきの漢文と、書き下し分、口語訳、注釈付き。薄い本なので、『老子』と『荘子』にあるすべての話が載っているわけではありません。ただ、学校の授業以外で漢文読むの初めて、という方には丁度良いかと。

動機が曖昧なまま読み始めたせいか、本編よりもむしろ冒頭30ページ余の解説を美味しく頂きました。老子と荘子に代表される道家思想の時代背景を、孔子の儒家思想と比較しつつの分かりやすい説明です。

両思想の成立する以前、諸子百家の時代を、何となく現代に重ね合わせてしまいました。何となくです。だからどうだと言うわけではありませんのです。



« 『ロッカーズ』 | Main | 『秘密』 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81159/2937578

Listed below are links to weblogs that reference 『老子・荘子』:

« 『ロッカーズ』 | Main | 『秘密』 »