« 『のだめカンタービレ』 | Main | 『ぼんくら』 »

February 18, 2005

『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』

『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』パワーアップしたかったので『ホンモノの文章力―自分を売り込む技術』と併せて購入。樋口裕一著『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』。

この手の本は作者のやり方を押し付けられる気がして遠ざけていました。だいたい「ホンモノ」というのはなかなか偉そうです。でも序の文を読んでみると、この本で「ホンモノ」を知れ、と言うわけではなかったようです。

『ホンモノの思考力』と『ホンモノの文章力』、共になかなかハッタリを効かせたタイトルですが、中身は思考や文章の「型」を示し、これをやれば「ホンモノ」に至れるかも、という放任主義。手取り足取りじゃなきゃ、という人ならとにかく、下手な我流の身についた人にはむしろ丁度良い温度かも。……勉強させて頂きました。

英語圏の教科書を見て(大学の英語の授業で用いたものでした)、レポートの書き方から調べ物の仕方、議論の進め方などハウツー的な内容が濃いのに驚きました。文を書く、考えるということに対して、どうやら「技術」という側面からアプローチをしているようです。日本では頭の良さとか才能と捉えられがちですが、もう少しこちら側から教育してみてもいいんじゃないか、というように思います。

『能のドラマツルギー―友枝喜久夫仕舞百番日記』平行して読んでいる(これが考えることが多くてなかなか読み終わらないのです)『能のドラマツルギー―友枝喜久夫仕舞百番日記』の中に、

芸は型ではない。型をやりつくして自由になった時はじめて芸になる。
という一節があります。前後の趣旨からは少し外れますが、裏を返せば、型なしでは絶対に芸にはならない、というところでしょうか。芸だけでなく、諸事に通じる気がしました。


« 『のだめカンタービレ』 | Main | 『ぼんくら』 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81159/2988243

Listed below are links to weblogs that reference 『ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術』:

» 「型」を使って意見を述べる [主観的 書評ブログ]
著者: 樋口 裕一タイトル: ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術 どうやら日本人は、意見を述べたり議論したりするのが苦手な民族らしい。和を重んじる歴史的背景が関係しているのだと思うが、そろそろそのような状態から脱却する必要が生じてきている。 その必要性を反映してか、入試でも小論文を課す大学が増えているようだ。 さらに、ディベートを指導している高校も増えているらしい。ちなみに私の... [Read More]

« 『のだめカンタービレ』 | Main | 『ぼんくら』 »